【レビューと感想記事】てんたま 明るく過去のトラウマを乗り越え新しい未来へ歩む主人公の心温まる作品

【レビューと感想記事】てんたま 明るく過去のトラウマを乗り越え新しい未来へ歩む主人公の心温まる作品

美少女ゲーム全盛期に出た作品ね
流石にノリがとんでもなく最高潮よね

1999年から2006年にとんでもなく
大人気ソフトウェアだったKIDの作品
最初は移植中心にやっていたのですが
2000年を超えたあたりから
独自にソフトを開発し始めました。

この頃同時にシスタープリンセスをはじめとした
美少女ゲームブームもあって
大幅に発展した会社でした。

サウンドノベル方式の美少女ゲームは
私の記憶の限りでは最初は
メモリーズオフだったような気がします。


1500シリーズという経済的弱者ゲーマー救済のシステム

1500シリーズ当時かったわ~
その中でもメモリーズオフとロードモナークは
超当たりだったような気がするわぁ…

これは当時1500シリーズという
貧乏な人がゲームができる救済システムみたいなので
売れなかったソフトのパッケージを簡略化したりして
再販するそんなシステムで
その中にメモリーズオフが入っていて
偶然面白そうだとかったら買ったら
大ハマりしたのがこのノベル式の美少女ゲームの
始まりだったような気がします。

格段に進化したシステム面がヒットの要因

文字スキップや自動で文字送りさらにいつでもセーブして
終われるところが社会人向けなのよね…

話はそれましたがこのてんたまですが
テキスト型で話に入り込みやすく
移入できて本当自分が体験してるような感覚です。

このKIDから始まって今は当たり前になっているシステムとして
文字のスキップ機能やいろいろ便利になって
しかもこの頃はポリゴン型の本格RPGが流行っていたが
社会人はいまいち手を出しずらいという事で
いつでもやめれて現実的な悩みなどを語った
テキスト型の美少女ゲームが人気となった形です。

Follow me!

PAGE TOP